大倉忠義主義 別館 > スポンサー広告 > 大阪公演第3日2部全体の感想(えっ!ホンマ! ?ビックリ! !TOUR2007)

大倉忠義主義 別館 > コンレポ > 大阪公演第3日2部全体の感想(えっ!ホンマ! ?ビックリ! !TOUR2007)

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンレポ

大阪公演第3日2部全体の感想(えっ!ホンマ! ?ビックリ! !TOUR2007)

この日はスタンド。メインステを右側から斜め45度くらいで望む感じ。

Overtune
特攻服はやはり素敵です。しかし、髪を切ったのは知っていたのにも関わらずたっちょんがどこにいるのか確認するのに時間がかかってしまった。ようやく発見して興奮。
「何あれっ!何あれっ!可愛い!!!」
マッシュルではなくもう少し短くて、ストレートの坊ちゃん刈りのような感じ。何かに似てる、何かに似てると考えていたら……まことちゃんですわ、あれ。漫画の。楳図かずおの。
小顔のたっちょんが更に頭が小さく見えます。そして若返ってます。

■ズッコケ
相変わらずすばちゃんヤスをスカートの中に入れてました。ヤスは腰振って妙な踊りをしてたけどそれがまた可愛らしい。
♪這いつくばって~♪のところで、たっちょんはPVの時のように寝そべって肘ついてんふっ、ってニッコリかいらしポーズ。モニターにアップ。はい、彼の狙い通りに撃沈致しました(笑)。

■挨拶
挨拶の内容はいつも覚えきれないので記憶に残ってるところの雰囲気だけ……。
たちょ「あの~、僕はぁ~、今日ぉ~」って、終わりの会の小学生のような喋り方(笑)。両手でマイク持って。髪型もあいまってだんだんたっちょんが小学生に見えてくる(笑)。
狙ってるとしか思えないブリッコやのに、また狙い通り可愛いと思ってしまうアホナオ。
たっちょんって、ライブでは妙にブリッコじゃない?
マルちゃんはこの日はなぜか妙に2枚目風というかホスト風(笑)。オールバックにしててめっちゃカッコ良かったです。
ヒナちゃんはいつもの「こんばんはー」のネタで。スルーした側の客が「え~!?」って言うと、「おいおい!ってツッコミいれなー!」と催促し、再度同じネタで。さすが大阪、そこそこやります。「80点!」って言ってたと思う。
「横山裕くんだよ~」から始まった(と思う)挨拶。「今日は横山家が来てるので、非常にやりにくいです」と。このことから様々なサプライズへと繋がってゆくのです。

■Explosion
この曲はほんまにダンスがカッコイイ。私はいつも、この曲の時最初はたっちょんを目で追ってるのですが、最終的にいつもマルを見てしまうことにこの日気づきました。この曲のマルのダンスがめっちゃカッコいいの。そしてすばちゃんの眼力に圧倒されるためにあの瞬間だけはモニターをガン見します。美しいです。

■ミセテクレ
ヤスマルはもう既に上半身裸。サイドのステージで私はヤスに近い側だったのですが、ギターをかき鳴らすヤスはたまらんカッコ良かった。割と上の方やったけど、ヤスの筋肉がすげぇ、というのは結構わかった。ライブに行くといつもヤスに惚れる。ヤスのくせに、とか言いながら、どうも私は相当ヤスが好きなようだ。
たっちょんはマイクがうまくいかなかったのか、最初のラップが上手く入れなかったのが残念。

■Eden
亮ちゃんすばちゃんも裸にギター。7人中4人が上半身裸。サービスデー?

■Down Up
東京Dでは聴けなかったので、京都以来!めっちゃ嬉しい!めっちゃ好きです、この歌。
これ、何とかしてCD化、もしくはDVDに入れてくれないかしら。

■わたし鏡
ヤスが最初ギター弾いてる時に、直前にソロ歌ってたヨコちょヤスに何やら絡んでからはけて行きました。
「聴いてください。わたし鏡」って言うのが好きなんですよ、なんか。
相変わらずこの歌はいいですな。何度聴いてもヤスはギター上手いよなーといつも惚れ惚れ。

■∞レンジャー
・最初ブルーから「好きな人ができてん」と通常モードで始まったレンジャー。
告白はまずイエローご指名。何かちょっと声が掠れてて聞き取りにくくて。「お前今彼氏おらんのやろ?」とかそんなようなことを言っていたような気が。
・どうでもいいけど、ブラックが告白誰に振ろうか考えてる時、グリーンは指名されたくないのか後ずさっているのが笑える。
ブラックが次誰に振ろうかと少し間があった時、ナスレッドかが「ブラックの告白聞きたいなあ!」とブラックに振る!家族が来てるからやめてくれ、としきりに照れて嫌がるブラック。でも結局客にも煽られて告白をすることに。
ブラック「もう俺らも26やんなー。……あん時俺寒ない言うたけど、ほんまはめっちゃ寒かってん。……なあ……ちゅーさして!!」←全文ではないですが雰囲気だけ。途中で照れてヒャハハハ、と高笑いしてしまうブラック
レッド「それお前中学ん頃のほんまのやつやんけ!!」
・ようやく告白が終わり、家族の前でこんなん……とまだ照れてるブラック。そろそろ進行しようかという辺りで、突然グリーン「ブラックに好きな人ができたんやって!」
また別の誰かが「ブラックが告白したんやんな!!」と乗っかり、客も大盛り上がり。
イヤやイヤやと照れて嫌がるヨコちょ
・でも結局告白を聞きに行くとしぶしぶ舞台からはけたヨコちょブラックがやることになった時ぴょんぴょんはねて喜ぶグリーンレッドが集合をかけ、メインステージで円陣を組み作戦会議。めっちゃ真剣な顔して話し合ってる様子がモニターに映って爆笑。お尻突き出して、お尻掻いてるところが映ったグリーン(笑)。
・結局配役としては
ブラックブルー
ブルーグリーン
グリーンブラック
イエローオレンジ
オレンジイエロー
ナスレッド
レッドナス
と決定。スタート、で芝居が始まりました。
・なぜか変なブリッコになってるグリーン。テンション高いオレンジを真似して完全なるアホの子みたいになってしまってるイエロー。2枚目キャラを作り、顔までいつもより男前風味のオレンジ。うまく仕切れなくてナスブルーにサポートされてるレッド
とにかくこれはイエローのテンションの高さの演技に大爆笑。
・告白の結果を聞くシーン。ブラック「今あそこでおばはんがう○こしてたで」と下ネタでとりあえず照れをごまかしてる。
・告白が成功し、いよいよお歌へ。相当恥ずかしがりながら歌い、ヒャハハハと高笑いしながら歌い、ちゅーもしたけど照れて照れて、なブラック
「明日遅刻すんなよ!」の言い出しの間がかなり悪いグリーン
・次の日。
グリーン「俺、ブラックのこと好きやねん!!」
ブラック「いや、でも俺彼女できたし」
グリーン「俺のお腹で寝たら気持ちいいで!」←何のアピール(笑)
ブラック「いやでも俺、彼女の次にグリーンのこと好きやで」
グリーン「ブラックには彼女は合わへん。だいたい彼女キレイすぎる。色白いし」
ブラック「俺も白いわ!」
グリーン「2人で並んで歩いてたら白くて見えへん!!」
ブラックに突き飛ばされて本気で痛がるグリーン。「手出したらあかん」とか言わないといけないのに「なんでやねん」としか言えない、仕切れないレッド
ブラックの捨て台詞「もうグリーンなんか嫌いや!ブタ!!!」
グリーンを殴るオレンジ。無駄に男前風。
・次々に何とか舞台からはけていく。ナスはレッドにどこへ行ったらいいのか確認してから去る。レッドブルーも何だかぐだぐだのままはけていく。
ブラック一人で登場するべき時にナスも後ろにいて、慌てて下へ降りるナス
「彼女と別れてください」とお願いしに行くグリーン
「お金やったらいくらでも出しますから!!」←なんかお前が言うと微妙に笑えへんぞ、グリーン(笑)。
・ものっそいテンション高く割り込んで殴られるイエロー
・カッコ良く登場するオレンジ。渋いキャラ?
・「この星~」を大熱唱するナス。隣で大爆笑しているブラック
ブルー「あんま男なめんなよ」カッコいい!ただ、ブルーがこの時以外全然目立ってなかった=普段グリーンはあんまり仕事してない??(笑)
・メインステへ戻り、エネルギーへ繋げる時にとうとうテンションがおかしくなってしまうオレンジ

いや、このレンジャーはほんまにハプニングというかサプライズで突然始まったので、進行的にはぐだぐだだったんですけど、ほんまにめっちゃ面白かったわ。
横山家ご来場のおかげです。感謝します。
とにかくテンション高いアホの子亮ちゃんがたまらんかったです。

■MC
・今日裏でお風呂に入っている時にスタッフさんからお母さんが来たと呼ばれたヨコちょ
本当は一人で会うつもりだったが、たまたま一緒にいたマルも会いたいと言い出したので一緒に行くことに。しかし、以前にヨコちょオカンと会ったことあるはずなのにマルは無視される(笑)。
・通りがかったヒナちゃんが挨拶すると、オカンは「ヒナちゃん、おっちゃんになったなー」
ヒナちゃんが楽屋来て下さいよ、と言うと「ええの?でも恥ずかしいわー。実は私大倉くん好きやねん」とオカン。そんなこと初めて聞いたヨコちょ
・楽屋に到着し、すばちゃんにも「おっちゃんになったなあ」と言うオカン。亮ちゃんヤスには普通に挨拶し、たっちょんに向かって開口一番「オットコマエやな~」
・しかしなぜかヤスと話し込むオカン。誰かにツッコまれて「あ、間違えた!」というオカン。
ヨコちょが別のところで弟と喋ってから楽屋へ戻ると、皆若干疲れていたらしい。
すば「お前のオカンは大阪の宝や」
・みんな家族はどこに来るの、という話になり。すばちゃんのオカンは「しょっちゅう来てるでー」
亮ちゃんも聞かれて「うち九州来た」
「お父さんが?」というようなことを聞かれて「ううんママも」
・その後照れた亮ちゃん「いや、普段はお母さんって言うねんけどな!こういうとこやからなっ!」と意味不明の言い訳をしたあげく、話をそらそうと「ヤスんとこは!?」「マルんとこはっ!?あ、マルんとこお父さん来とったな!」と妙に仕切る(笑)。
・大倉んとこはー、と誰かに聞かれ、その時ヨコちょ「お前なあ、お前ん家族来た時、絶対やったるからな!!」
「うちは旅行がてら沖縄にー」とごまかすたっちょんに、「俺知ってんねんぞ、お前の親来る日!辱めたるからなっ!!」と、よほど今日のことがこたえたらしいヨコちょ(笑)。
「やめてえやー」と小声で言ってるたっちょんでした。ふふふ。
ヒナのところは来ない、という話で、ヨコちょ「お前のオカンはステージに上がったらええねん!」
そこから「俺らじゃなくてオカンがみんなボール投げとったらおもろいな」「オカンがおばちゃんRockやったらええねん」と。皆さすがにそんなん嫌やなー、と。ヒナ「こんなん言うたら企画とか立てられそうやからあかんで、やめとこ」
・最後はマルちゃんたっちょんのドラマの報告でした。

■悲しい恋~レイニー~涙雨~ロマネ
ここから大人っぽい歌だからなのか、たっちょんはイタリアンマフィア風(?)の帽子を最後まで被ってました。もっとかわゆすな髪型見たかったのにー。
涙雨のミラーボールの演出はもう、ほんまに美しくてうっとり見てしまった。マイクスタンドでのダンスもばっちり。

■亮ちゃんと歌おう
今回も「Heavenly Psyco」後半の方でギター間違えたのか2回ほどやり直しました。

■バンドセッション
私はこれを見るためにライブに行きたいのだと言っても、もはや過言ではないのかもしれません。最高。
たっちょんはスティックくるくる廻して結構ノリノリやったと思います。何かドームより上手くなってたような気がしたのは甘すぎる?そこにマルのベースが重なっていくところが一番好き。で、ギュィーンとヤスが飛び込んで来て、もうたまらん。やっぱり私はバンド好きなんやなー、と改めて思う。

■agree~強情にGO
いつもここで完全に壊れます(笑)。Do you agree?めっちゃ好きやの。こう、サビ前のすばちゃんのソロのところからじわじわきて、サビ入る前のダン!ダン!ダン!ってたっちょんのドラムで一気に弾ける感じ。周りに迷惑にならない程度に跳ねてます。これCDにはならへんのかしら。カラオケでeighterさん達と一緒に歌いたいのに。強情に~もライブで盛り上がる曲やんね!すばちゃんがずっとヤスと絡んでましたわ。

■ラスト~アンコール
「さよならはいつも」は名曲やのに、この曲になると「もう終わりやー」って寂しくなってしまいます。でもええ歌やね。
アンコは無限大とズッコケ。今回は「錦戸亮~です!イェイイェイイェイ♪」ってのがなかったなー。ちょっと残念。あれの「村上しん~ごですぅ~♪」ってのが好きやねんけど。
ヤスヨコちょで「ソイヤソイヤ!」やってて盛り上がりましたで~。
Wアンコはご挨拶のみ。ヨコちょマルたっちょんが上半身裸でご登場。「メタボ三人衆(?って言ったと思うけど)脱いで来ました~!」ヨコちょ。たっちょんはマルを後ろからそっ…と抱きしめてました(笑)。えらくあっさりと終了してしまい、頑張ってエイトコールするも周りのお客さんは続々帰ってしまって。後ろのお嬢さん方と粘ってたんですが、ダメでした。

追伸
たっちょんが近くを通った時思ったんやけど。
「なんか、むっちむちやなあ」
髪短くして頭が余計小さく見えるようになったから、身体のむちむち感が更に強調されるようになったんやろか。
いや、私はむっちむちたっちょんはかなり大好物ですが、ドラマもあるし、どうなんでしょうかねえ。



<<大阪公演第4日2部全体の感想(えっ!ホンマ! ?ビックリ! !TOUR2007)大倉忠義主義 別館8/5東京公演全体の感想(えっ!ホンマ! ?ビックリ! !TOUR2007)>>

<<大阪公演第4日2部全体の感想(えっ!ホンマ! ?ビックリ! !TOUR2007)大倉忠義主義 別館8/5東京公演全体の感想(えっ!ホンマ! ?ビックリ! !TOUR2007)>>

プロフィール

ナオ

Author:ナオ
メインブログ「大倉忠義主義」の書庫です。

こちらのブログではコメントにお返事ができないと思うのでコメント欄は設置しておりません。
メッセージ等は拍手から、またはメインブログまでどうぞ。

参加しています。

カウンター

カテゴリ

ナオのリンク

おススメアイテム

検索

RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。